2011年05月21日

ケンタッキー・ダービー馬Animal Kingdomの母Daliciaとその牝系



 アメリカ競馬は門外漢です(キリッ


 早くも米クラシック第2戦のプリークネスSを日本時間の明朝に控えたところで、遅ればせながら5月7日にケンタッキー・ダービーを制し、間もなく二冠目に臨むAnimal Kingdomの牝系について書いてみようかと。

 因みにAnimal Kingdomを略すと「あにき」が頭をよぎるのだが、擬人化クラスタからのコンセンサスは全く取れていない。

 さておき、アメリカ競馬門外漢の私が敢えてケンタッキー・ダービー馬などを取り上げたのは他でもない、このAnimal Kingdomの牝系に思い切りドイツ縁の血が流れているからだ。母Daliciaは現役時代ドイツで走っており、私自身の記憶にはあまり強くは残っていないものの、一応生でも見てきているのである。

 Dalicia

 2001年生まれの2004年クラシック世代で、同期のドイツ馬ではShiroccoが日本人には最も通りがよいだろう。生産者はCarlton Consultants Ltd.。英国のベイス(Erika Alice Bass)という馬産家のドイツでの生産者名義で、一時ドイツでサラブレッド生産活動をしていた。調教師はペーター・ラウ、鞍上は厩舎主戦のムンドリーが主に務めている。

 2歳でいきなり牝馬リステッドからデビューしているあたり、厩舎の期待はそれなりに高かったようだが、ここは10着に敗退。しかし年明け未勝利戦を2着し、続けて牝馬リステッドでも2着と、順調なスタートを切った。この時勝ったのがこの時点では世代トップの期待を背負っていたSaldentigerinだから、Daliciaもまあまあの評価を得る存在にはなった。路線としてマイルの1000ギニーには向かわず、1戦挟んでディアナ賞(独オークス・G1)に挑んで5着に健闘している。続けて牝馬混合G3で古馬と初対戦するが、Daliciaと既に何度か対戦しているValleraが古馬を打ち負かしたのに対し、Daliciaは11着と大きく敗退した。この辺りやや安定感の欠けるところはあったのだろう。ここまでのレースで確認できるものを見るかぎり、概ね後方待機から直線での追い込み勝負に賭けるタイプであった。ところでこのVallera、日本に入ってきてるね。

 そもそもこの時点でDaliciaはまだ未勝利である。ようやく初勝利を手にするのが、04年8月15日のブレーメン・オークション・レネン(L)だ。残念ながら自分はこの時のレース映像を確認できないのだが、この時2着に負かした相手が、同厩舎の牡馬Egerton。このEgertonがこの後バーデン大賞に向い、ダービー馬Shiroccoを押さえWarrsanの2着となって「世界最強の未勝利馬」の称号を得たことは、誰もが知るところである(え?)

 Daliciaはその後フランスにも度々遠征し、古馬になってコリーダ賞(G2)でも4着と健闘している。しかし勝ち味には薄く、2勝目を手に入れたのが、秋のバーデン開催の2000m重賞シュパール・カッセ-フィナンツグルッペ賞(G3)だ。このレースには前走G1のバイエルンツフトレネンを制してきたSoldier Hollowが圧倒的人気で参戦しており、Daliciaは単勝21.4倍で、完全な人気薄であった。レースはSoldier Hollowが人気通りに直線でサクっと抜け出してそのまま勝利するかと思えたが、仕掛けが早すぎたのかソラを使ったか、脚色がやや衰えたところを、満を持して後方から追い込んできたDaliciaがばっさり差し切ったのだ。こうして負かした相手を見ると、意外にこの馬は持ってるものがあったのかもしれない。

 生産者でありオーナーのCarlton Consultants Ltd.がこの年一杯でドイツの厩舎と生産活動を閉じたことで、Daliciaはオークションに載せられ、40万ユーロでアメリカに売られる。移籍後のレース振りは分からないのだが、一応1勝をあげ、ビヴァリーヒルズH(Gr. II)で4着になっているようだ。通算成績は24戦3勝。しかし重賞やリステッドでの入着回数は多く、オープン馬としてはまずまず優秀な成績を残したといえるだろう。

 Daliciaの牝系を遡ろう。

 Animal Kingdomの祖母、Daliciaの母であるDynamisはレットゲン牧場の生産馬だ。英国でシェイク・アハメッド・アル・マクトゥームの馬として、後にDaliciaのオーナーであるベイスに買われて走ったが、18戦未勝利で終わったらしい。産駒はDaliciaが最も優秀であるが、Daliciaの全妹Darwinaの産駒Daveronが先日のBeaugay S(米G3)を制するなど、肌馬としては優秀だ。

 Dynamisから実質的にドイツを離れてはいるものの、この牝系はレットゲン牧場の基幹の一つDラインである。近年では03年ヘンケル・レネン(独1000ギニー・G2)のDiacadaや06年ダービー2着のDickens等がレットゲンの活躍馬として挙げられる。

 このDライン、遡ってみると分かるように、Didergö以前がハンガリー生産馬で、この馬を5歳の時にレットゲンが購入したところから、ドイツでのラインが始まっている。レットゲンといえばKinczemの直系に当たるWラインを基幹血統に持つことでも知られており、過去においてハンガリーとの縁は深い。去年暮れにAnna Mondaの記事でも少し触れたが、Didergöを輸入したこの時期にはPrince Ippiというハンガリーの名馬Imperialを父に持つ活躍馬も出している。しかしこの頃レットゲン牧場オーナーのルーディ・メール(Rudi Mehl)とその妻であり牧場創業者の娘マリア・メール・ミュルヘンス(Maria Mehl-Mülhens)がハンガリーの馬産界とどのような関係を築いていたのかは、残念ながら自分の手元資料からは分からない。ただ冷戦期にあってもこれほどハンガリーと交流を持っていた牧場は他にないだろう。レットゲンのアーカイヴに入って色々調べると、きっと面白い話が出てきそうな気がする。

 さて、このドイツでの基幹牝馬となるDidergö自身、なかなかの活躍馬だったようで、ドイツにも遠征してミュンヘンの別定戦を勝っている。その母Dussogoも勝ち鞍にSt.Laszlo賞(1300m)とAlag賞(2000m)という当地重賞格のレースがあり、戦後ハンガリー競馬再興期の活躍馬の1頭である。更にその母Dubiosaは戦前最後のハンガリー1000ギニー馬だ。Didergöの生産牧場はハンガリー伝統のキシュベル牧場で、実に筋の通った血統といえるだろう。

 DidergöはImiの仔を身篭ってレットゲンにやってきた。(訂正:DidergöがImiの仔ですね。1代勘違い…)ImiはImperialの父で、まさにハンガリーの名血としてドイツに入ってきたのである。ImiとDidergöの仔(ここも訂正。父はUtrilloで、レットゲン生産のオーストリア・ダービー馬です)Diuはその血に相応しい活躍をした。独1000ギニーを3着後、ディアナ賞を勝利。その後牝馬G3で2着になり、通算成績は10戦4勝、入着4回。産駒でもDiu Starが重賞を2勝している。Daliciaの祖母であり、Diuの孫に当たるDiasprinaはヴィンターケーニギン賞を制している2歳牝馬チャンピオンで、この牝系はやはり名血と呼ぶに相応しいであろう。

 そんな中欧の名血がアメリカに渡ってダートのケンタッキー・ダービーまで制してしまうのだから、競馬というのは奥深い。そしてDaliciaはなんと現在社台で繋養されており、今年ネオユニヴァースの仔を産んだそうだ。明朝プリークネスSのAnimal Kingdomにまずは注目すると同時に、その弟の2年後のデビューも楽しみに待ちたいと思う。
posted by 芝周志 at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 海外競馬

2010年02月12日

インドのクラシックを総なめにするドイツ牝系馬Jacqueline

 このところミッションモードやエイシンフラッシュといったドイツ牝系馬(ミッションモードはそれほどドイツ色は強くないけど)を取り上げていたが、今日配信されたドイツのWEBマガジン"Turf-Times"(PDF)には、インドでクラシックを総なめにするドイツ牝系馬のことが記事になっていた。

 Jacqueline(牝4歳 King Charlemagne x Talita Kumi)

 母Talita Kumiはドイツのレーマーホフ牧場生産で、現役時代は下級ハンデクラスで終わっているが、3代祖母のTempleogueから分岐したラインからは1999年のJCにも来たタイガーヒルが出ており、その他大きく目立った馬はいないものの、この牝系はドイツ内外でそれなりに根付いている。

 インドのレース体系は基本的に全く知らないのだけど、英国連邦の一国として競馬の洗礼は早くから受けており、クラシックは日本やヨーロッパとは半年ずれた冬開催になっている。Jacquelineは昨年12月13日のインド1000ギニーを皮切りに、12月20日2000ギニー、1月24日オークス、そして2月7日ダービーのクラシック4冠を全制覇したのである。

 この4冠は全てYouTubeで見ることが出来るが、以下インド・オークスとインド・ダービーの映像を貼っておく。特にオークスの勝ち方は圧巻で、最後方から直線をまさしく「持ったまま」でぶち抜いている。またダービーもレースレコードを塗り替える勝利(2:28.54)で、単に相手に恵まれただけの強さではない(M.ドワイヤー騎乗の2着Becketなど、Jacquelineさえいなければというレースしてるし)。

インド・オークス(ムンバイ、2400m)


インド・ダービー(ムンバイ、2400m)


 既にインド競馬史上に名を残す名牝と言ってよい力を見せ付けているので、ここは是非国外のG1にも打って出て欲しいところだ。シーズン的にも4月25日クイーン・エリザベス2世カップ(香港G1、2000m)に向かってくれたら、日本馬とも対戦する可能性があるし、結構面白いんじゃないだろうか。
posted by 芝周志 at 19:27| Comment(4) | TrackBack(1) | 海外競馬

2009年05月20日

Overdose、アスコットプラン白紙に

レース復帰プランは結構楽観的な割りに報じられる故障の具合はあまり芳しくないように見えていたので、内心「ホントに大丈夫か?」という思いはあった。調教も再開してない状態だったのだから、アスコットプラン撤回はある意味当然だろう。でも故障は想像以上に深刻のようだ。

左前脚蹄の炎症は快復傾向にあるとのことだが、この間庇っていた右脚に負荷がかかって、こちらにも不具合が発症してしまったらしい。馬が脚を怪我した場合最も起こしやすい併発症だ。GaloppOnline.deの記事では、馬主Mikoczyは楽観的な姿勢に努めている。しかし具体的な復帰のヴィジョンは見えていない。いずれにせよここは無理せず治療に専念し、万全の状態でターフに戻ってきてほしい。

posted by 芝周志 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬

2009年05月13日

Overdose、テンプルS回避決定、仏グロシェーヌ賞からアスコット

このブログではOverdoseを追いかけます(気力が続く限り…)

左前脚蹄の治癒が長引き、予定していた23日ヘイドックのテンプルS(英Gr.II)の回避が決定された。代わりに31日シャンティイのグロシェーヌ賞(仏Gr.II)をステップに、アスコットのキングス・スタンドS(英Gr.I、5ハロン)とゴールデン・ジュベリー(英Gr.I、6ハロン)の両方に挑戦すると馬主のMikoczyが表明。現在はフランスからトップクラスの装蹄師を招聘し、再起に力を尽くしているとのこと。化膿しているところなどもあったようだ。

話は逸れるが、Overdoseの馬主Mikoczyが、その馬主権を3分割し、他2人に売却してシンジケート化したというのが話題になっている。昨年既に引き合いはあったそうだが、「私は儲けるために馬を買ったのではない。夢は売らない。」と突っぱねていたらしい。しかし先月突然スロバキアの金融企業家及び他1人と共同馬主となったため、奇麗事からちょっと離れた話になってきた。GaloppOnline.deの記事によると、1口150万ユーロで、Mikoczy自身が保持する権利と合わせて450万ユーロ(約6億円)の価値がOverdoseに発生する形となっている。もっともこれが噂の域を出ないので、なんともすっきりしないところだ。これだけ話題をかき集める馬になれば、あれこれ金の話が飛び交うのは仕方ないが、ファンとしてはもっと堂々とスマートにやってもらいたいものだ。一昨年Schiaparelliがゴドルフィンに500万ユーロで買われたときは、あの馬がそれだけの価値を認めてもらえ、更に大きな舞台に出て行かれると、ドイツの競馬ファンはポジティヴに捉えていたのだから。

posted by 芝周志 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬

2009年05月08日

Overdose、テンプルS自重か?

09tennosho.jpgGWに伊勢、吉野を回ってから京都に入り、天皇賞を観戦、撮影してきた。マイネルキッツは完全にノーマークで馬券はどうしようもなかったが、写真はそれなりにいいのが撮れたので一応満足。しかし結構いい感じの1枚が、ご覧の通り台無しとなった。まず何より写真撮りとして邪魔されたことに腹が立つ。だが、以前に武も本気で怒っていたように、こういうのが馬の視界に入ると驚いて危険な動きをすることがある。騎手、そして馬の命を危険に晒すことになるのだ。そもそもこんなものをこの瞬間に投げてるってことは、ゴールの場面をまともに見てないってことだよね。競馬場では人それぞれの楽しみ方があっていいと思うが、他の観戦者の邪魔をし、時に騎手や馬を危険に晒してしまう行為は、絶対に許されるべきものではない。ホント、やめて欲しい。

先日順調なシーズンスタートを切ったハンガリーのヒーローOverdoseが、次走予定していた23日のテンプルS(英Gr.II)を回避する可能性が出てきた。この間のハンガリー大賞で実はレース中に落鉄し、左前の蹄を傷めていたらしいのだ。レース直後のGaloppOnline.deによるインタビューでもリバルスキー師は落鉄について少し触れてはいたが、そこでは特に問題はないと言っていた。しかし翌日にはびっこを引くような状態になっていたらしい。まだ最終決断には至っていないようだが、期待の大きな馬だけに無理使いはしないであろう。ただ、アスコットのキングス・スタンドS(英Gr.I、5ハロン)かゴールデン・ジュベリー(英Gr.I、6ハロン)へ直接臨むことにもなり、結構難しい決断ではあるかもしれない。如何せんこれまで無敗だから、ここは落としてもジュライカップ(英Gr.I)を本線に狙えば、といった融通が利かないところが陣営としてはきついだろう。

先週末取り上げたLöwenherzは首差ながらもしっかり勝って、まずは順調な滑り出しを切った。慎重に第2のQuijanoを目指す。

ジルベネス・バント(L)に出走したValdinoは何故か直線で失速し敗退。バーデンのベティ・バークレイ(Gr.III)までに立て直せるか、今年の活躍はそれ次第か。ミュゲ賞(仏Gr.II)に出走したPrecious Boyは、後方から最後に良く伸びて、明け初戦としてはまずまずの3着。

3歳戦については、明後日のメールミュルヘンス・レネン(Gr.II)に絡めて明日か明後日書けたら書く。


posted by 芝周志 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬

2009年04月22日

Overdoseフィーバー

前回のエントリー内でも触れたとおり、19日(日)に地元ブダペストのキンツェム・パーク競馬場でOverdoseが今期始動。ハンガリーローカルGr.IにあたるOTPハンガリー大賞(1000m)を8馬身差で快勝した。(関係ないけど1000mレースがお国の名を冠したグランプリとはちょっと驚き。原語では"OTP-Hungária Nagydij"となっている。18年前、社会主義体制が崩壊して間もないジェールの街で、マジャール語が分からず、ドイツ語も英語もろくに通じない状況に、早くも進出していたマクドナルドで寂しさを紛らわしていた芝は、そのあと露天古本商でマジャール語-ドイツ語、ドイツ語-マジャール語辞典(携帯サイズ)を見つけ、藁をも縋るように買ってしまった。それぞれ背表紙には128フォリントと書いてあるけど、約5マルク(当時のレートで400円程度か)くらい払った記憶がある。長年実家の書棚に眠っていたのを今の住処に持ってきてあったのが、今役に立ちましたよ。"Nagy"が「大きい」で"gij"が「賞」だから、やはり「ハンガリー大賞」でOK。でも、本当に国民的正統性を持った名称なら、"Hungária"じゃなくて、"Magyar Nagydij"になるんだろうな。ちょっとグーグル先生に尋ねたら、F1にはあるってすぐに教えてくれた。競馬にもあるかどうかはもっと先生の懐に入っていかないと分からないのか…。)

早速YouTubeに映像が上がっていたので、貼り付けておきます。

スミヨンの腕がまるで動いてない。騎手学校1年生が乗っても勝てるんじゃないかというくらいの楽勝だ。鞍上は出来ればスボリッチのままいってもらいたかったのだけど、今後は英仏のレースに積極的に挑戦することを考えれば、国際レベルの経験とスター性からスミヨンというのも仕方ないかもしれない。ただスミヨンが他の馬にいってしまう可能性はあるが。一応この後は英国へ渡り、まずヘイドックのテンプルS(英Gr.II)を使う予定で、その後はロイヤルアスコットということだから、ゴールデンジュビリーS(英Gr.I)を目指すことになるのだろう。なんともワクワクする。

そんなワクワク感は当然マジャール国民の間でも凄いんじゃないかと思って、マジャール語が分からないなりにまたグーグル先生ニュースに訊いてみた。内容はさっぱりだが、4月20日付でも結構ヒットしているし、やはり相当話題になっているのだろう。案外ディープインパクト並のブームになってるのかもしれない。YouTubeでもレースだけじゃなく、テレビで特集をやってたようなのが上がってるし。

で、グーグル検索でヒットしたニュースの中に私でもすぐに見当がつく見出しがあった。

A New York Times is felfigyelt Overdose

ニューヨークタイムズにも載っちゃったぜ!って記事。で、調べてみたら、なんと1面写真入だよ!

ニューヨークタイムズ4月20日1面キャプチャーページ

アメリカでも話題になるって凄いなぁ。記事は以下。

Hungary’s Spirits Are Back Up, on a Horse

どうやら「ハンガリーのシービスケット」っていうことらしい。まあちょっと違うような気がするけど、国そのものが中小企業といった経済クラスの国民にとっては、確かに夢と勇気を与える存在として映るのだろう。日本人にとってはディープインパクトより、石油ショック間もない頃のハイセイコーのほうが近いのかも。無敵のスプリンターという意味では、香港のSilent Witnessフィーバーにオーバーラップする。まあいずれにせよ、マジャール人に「キンツェムって知ってる?」と訊けば大抵19世紀の名牝と答えるくらい(私も過去何人かに試したが、男は100%「もちろん!」と答えた)競馬が国民的記憶になっている国なのだから、Overdoseがただならぬ人気になっていることは想像に難くない。最終的に暮れの香港スプリントにでも来ることになったら、万難を排して私も是非見に行きたい。

posted by 芝周志 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬