2009年11月17日

森繁さんもレヴィ・ストロースも亡くなられ、時代は移りゆくよと

◆このところ何も書かないままドイツの芝シーズンが終わっちゃったし、気分転換にベタなドイツ競馬写真からヘッダを変更。ドレスデンの一角です。多分そのうちまた換えるけど、思いのほかドイツで撮ってきた写真に、横長トリミングで使えるものがない。いずれ日本の写真を使わざるえなくなるか。

◆それでもドイツ競馬ネタをちょこっと。
 1996年のドイツ年度代表馬Lavircoが先日フランスの繁用先で長く患っていた神経性疾患のため安楽死となった。2歳チャンピオンから2000ギニー、ウニオン、ダービーを連覇、オイローパ賞で古馬を一蹴し、まさにその年を代表するに相応しい馬だった。私は修士論文の史料収集のため1カ月ドイツに滞在した折、オイローパ賞でその姿を見ているが、黒光りする馬体が非常に凛々しかったことを今でも覚えている。産駒はそこそこに良績を残したものの、結局GI級を輩出することはできなかった。2006年の独1000ギニー馬となったLolitaの産駒が日本でのデビューを控えているので、母父Lavircoの血を応援したい。

◆全く話は変わるが、約1年半殆ど無使用だった固定電話(IP電話)を昨日解約した。2001年に本格的にドイツへ渡る前は、周りが既に持っていたにも拘らず頑なに携帯を所有しなかったのだが、さすがに帰国後はそうもいかず、かといって固定電話が不要になるとは思わずにNTTと契約した。しかし世の中の手続き全てが携帯番号で事足り、お陰でいつまでたっても自宅番号を覚えられず、結果として親以外誰にも教えることがなかった。そしてその親も、携帯が家族割で無料であるため、固定電話にかけてくることはなかった。ドイツではFAXを持っていたのだが、滞在途中からメールにPDF添付の方が多くなってたし、少なくとも個人宅での固定電話回線は本当に不要になってしまったのだなとつくづく実感している。
 尤も私の場合、職場では一日中デスクワークのため携帯さえ使うことが皆無に等しく、偶に実家と話すほかは、競馬場での待ち合わせ以外に用途がない。週末以外見事に鳴らない電話である。パケット料金に入ってないので携帯でネットもしないし、個人的にはパソコンさえあれば十分だ。来年2月に携帯の契約更新で機種変更することになるのだが、YouTubeから落とした海外競馬動画を見られるのがいいとか、およそコミュニケーションツール以外の機能で探そうと考えている輩である。まあ固定電話のランニングコストが浮いた分、携帯のネット料金に回してもいいのだが、まずはニコ動プレミアムに入ってアイマスMADを高画質で堪能しようかと(おい!
posted by 芝周志 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33681130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック