2009年11月05日

ゾルゲくんが日本へやってくる

一応生存確認ということで。

■ブログ意欲の波というのを今更ながら振り返る。まず毎年ドイツの芝シーズンが始まる春に「書かねば」意識がむくむく湧きあがり、3歳も古馬も勢力図がまだ分からないから結構高い関心を維持してフォローする。しかし大体ダービーが終わったあたりで全体像が見えてきて、レースはチェックしてもブログに書くほどの気力が薄れてくるのである。まったくダメダメだにゃ。
 今年はそんな時期をネレイーデ話で無理矢理繋いだのだが、パソコンがクラッシュしたところですっかり気が抜けてしまった。むか〜し別HNで日記サイトやってた頃は週1回以上勢いで思い浮かぶままあれこれ書いてたもんだけど、おっさん度が増すにつれ、いろんなことに無気力度が増大しているようだ。益々ダメダメだにゃ。

■天皇賞当日8レース、実にダービー以来の単複を当てた。21年前のサクラチヨノオーの単勝1点賭け的中から始まった我が競馬路ゆえ、余程鉄板必至のレースでない限り原則的に単複1頭馬券で勝負するのが長年の慣わしとなっている。その他メインで(偶に気分次第で他のレースも)三連複5点買いというのも帰国以来の習慣になっているのだが(これはドイツで三連単しかなかったことへのある種の反動)、やはり単勝で当ててこそという気持ちは固い(まあ三連複はもっと当たってないのだけど…)。しかし「賭ける」という」行為自体にここ数年熱が入らなくなっているのも事実で、馬券検討もかなり適当にはなってる。
 にしてもこの秋の馬券運のなさは異常だ。やっと特別レースで当たったとはいえ、メインでは気持ちとして応援していたがゆえにウォッカの馬券を敢えて買わないという悲しい選択にならざるえず(倍率的妙味がなかったのもあるが)、私の魔の手はオーケンブルースリーに伸びて、見事4着という外しっぷりであった。もうどうにかしてくれ!

■とはいえ、馬券とは反対に写真は結構いい具合に撮れている。安田で激写してしまったカンパニーが漸く主役となってフレームに収まってくれたし。まあ安田同様ウォッカを途中で見切り、ゴール後思った以上に迫ってたので少し冷や汗かいたが。
 そんな天皇賞の数日前、ドイツの競馬カメラマンのゾルゲくんからメールが来た。ドイツにいた頃私の写真を彼のサイト上のカタログに交ぜ、需要に応じて売ってくれてた、所謂エージェント役をやってくれてた友人で、ほんのお小遣い程度とはいえSport-WeltやVollblut誌、またフェアホフ牧場のQuijanoが年度代表馬に選ばれた感謝広告なんかにも使ってもらえ、結構お世話になった。そのゾルゲくんがジャパンカップに合わせて来日するのである。香港は度々行ってるが日本は初めてなので、JRAから許可取るためにそれなりに交渉しなけりゃいけないらしいが、ヨーロッパでは十分実績あるし、去年はハノーファーで馬がレース中に逆立ちした写真をバッチリ撮って話題を掻っ攫ったくらいなので、不許可になることはないだろう。1週間滞在して競馬以外にも東京の街をあれこれ撮るそうだ。
 天皇賞の写真は一応彼にも送り、サイトに載せてもらった。
 http://www.galoppfoto.de/database.htm
 「tokyo」とか入れて検索すると去年の秋天とJCも含めて私の撮った写真がヒットする。
 そんな感じで今後もニーズがありそうなのは送る予定なのだけど、改めて来たゾルゲくんからの返事で、競馬以外の写真も含めて彼が長年契約しているという写真エージェントを紹介しようかとあった。こちらです→Caro Fotoagentur

 いやいやこんなプロの集まりに載せられるほどの腕も被写体選眼もないんですけど…(^_^;)
 しかし興味がそそられないかというと嘘になる。私のような素人で、しかもユーロ圏外からの参加でも問題ないか(一応銀行口座はドイツに残してあるが)、ゾルゲくん来日の際にいろいろ話をしてみるつもりだ。結局日本には何の足場もコネもないから、趣味の延長はいまだにドイツ頼りというわけだ。

■ズビも来日。
 外国人騎手に短期免許交付(JRA)
 去年来なかったから日本はもう来ないと思ってた。前の受け入れ先だった森厩舎では専ら地方開催に行かされてたし、2004年の初短期免許のときキーンランドスワンでシルクロードS勝ったりしてたのに、その後結局殆どいいところに乗せてもらえてなかったからね。今回の来日は既に先月GaloppOnline.deで読んで知ってたのだけど、結構意外だった。もちろん私がドイツ滞在中、彼はよく日本語で挨拶してくれたりしてたので、決して日本嫌いになってたわけじゃない。しかしインタビューを読むと英語が通じる香港の方が気に入ってる様子はあるし、12月からはそちらの短期免許を申請中とのこと。当然だと思うよ。海坊主師もいるし(笑) ただうまいこといかなかったら、年明けにまた日本に来る予定。まあそういう位置づけでいいのかなと。
 今回の1か月滞在は森厩舎でなく村山明厩舎というのが前回との違い。となると、やはり狙いはホッコーパドゥシャでの福島記念か?行こうかな福島。これ勝てば、写真は間違いなくドイツで売れる( ̄ー ̄)ニッ

■しかし福島に行くとなれば、三連休の初日で先日の盛岡のように日帰りはちょっともったいない。せめて1泊して何か競馬以外も撮りたい。ゾルゲくんから上記のような話もあるし、写真を撮る目は鍛えたい。
 ただお金ないんだよなぁ。EOS 1D Mark IIとDELLデスクトップと盛岡遠征で秋の遊び予算はほぼ使っちゃったし。ついでに紅葉もタイミング過ぎちゃうし。頑張ってでも福島1泊する撮影スポットはあるのかしらん?

■競馬以外の写真となると、実は昔から人物を撮りたいと思っている。しかしモデルになってくれる人はいないし、肖像権とか何かと気を遣わなけりゃいけないことが多いので、実際にはチャレンジしてない。しかしちょっと前だけどそんな話を知人のアニヲタ黒帯(私は自称アニヲタ3級の茶帯です)にしたら、「もしその気があれば冬コミに連れてってあげますよ。あそこなら撮られるのを目的としたコスプレイヤーがたくさんいますし。」と有難い提案をしてくれた。その時は笑ってそれでお仕舞にしたけど、改めてゾルゲくんの話を考えると、「未来に生きてる日本人を紹介するのもアリかな?」と頭を過る今日この頃。アリ……だよね?
posted by 芝周志 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33454463
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック