2017年06月11日

第148回ドイツダービー予想・第2回 〜 中間予想


 皆さんこんばんは。芝周志です。

 日本時間の今夜22:55にダービートライアルの王道ウニオンレネン(G2)がケルン競馬場で発走となるのですが、実は昨日、一昨日とドイツから中間予想が来ていたので、ウニオン発走前に現時点で絞ったダービー予想馬を挙げておきます。

※馬名(父−母)調教師、馬主
【ハネス】
 Enjoy Vijay (Nathaniel - Enjoy The Life) P.Schiergen, Gestüt Ittlingen
 Langtang (Campanologist - La Vinchina) Andr.Wöhler, K.Allofs u.Stiftung Gestüt Fährhof
 Navajo (Kallisto - Nassau) A. Kleinkorres, Stall WWW
 Oriental Khan (Campanologist - Oriental World) R. Dzubasz, Gestüt Auenquelle
 Sargas (Shirocco - Servenya) J.-P.Carvalho, Gestüt Schlenderhan
 Shanjo (Soldier Hollow - Shivara) M.Klug, H.Pudwill
 Warring States (Victoire Pisa - Ciliege) Andr.Wöhler, Qatar Racing Limited

【マティアス】
 Colomano (Cacique - Codera) M.Klug, Stall Reckendorf
 Langtang (Campanologist - La Vinchina) Andr.Wöhler, K.Allofs u.Stiftung Gestüt Fährhof
 Navajo (Kallisto - Nassau) A. Kleinkorres, Stall WWW
 Nerud (Bernardini - Night Lagoon) Andr.Wöhler, Dr. Christoph Berglar
 Oriental Khan (Campanologist - Oriental World) R. Dzubasz, Gestüt Auenquelle
 Promise Of Peace (King Kamehameha - Peace Of World) Andr.Wöhler, Qatar Racing Limited
 Rosenpurpur (Pour Moi - Rosenreihe) P.Schiergen, Gestüt Wittekindshof
 Shanjo (Soldier Hollow - Shivara) M.Klug, H.Pudwill
 Warring States (Victoire Pisa - Ciliege) Andr.Wöhler, Qatar Racing Limited
 Windstoß (Shirocco - Wellenspiel) M.Klug, Wellenspiel

【芝】
 Langtang (Campanologist - La Vinchina) Andr.Wöhler, K.Allofs u.Stiftung Gestüt Fährhof
 Monreal (Peintre Celebre - Montezuma) J.-P.Carvalho, Stall Ullmann
 Northsea Star (Sea The Stars - North Queen) M.Klug, Gestüt Wittekindshof
 Rosenpurpur (Pour Moi - Rosenreihe) P.Schiergen, Gestüt Wittekindshof
 Parviz (Lope de Vega - Sur Choix) W.Hickst, Darius Racing
 Shanjo (Soldier Hollow - Shivara) M.Klug, H.Pudwill
 Warring States (Victoire Pisa - Ciliege) Andr.Wöhler, Qatar Racing Limited
 Windstoß (Shirocco - Wellenspiel) M.Klug, Wellenspiel

 前回エントリーから先週までに行われたダービーの主要なステップレースは、5月28日イットリンゲン・ダービートライアル(G3, 2000m, バーデンバーデン)と6月5日ハノーファーフォルクスバンク大賞(Listed, 2200m, ハノーファー)。独2000ギニーのメールミュルヘンスレネン(G2, 1600m, ケルン)はダービーに直結しない結果でした。

 イットリンゲン・ダービートライアルでは、2歳チャンピオンのLangtangが前走ブッシュメモリアル2着の失点を取り返し、実力を示した勝利。本番でも本命候補の1頭となることは間違いないでしょう。



 一方、ハノーファーフォルクスバンク大賞は波乱の内容となってしまいました。というのも、道中向正面で逃げていたRoyal Flagが突然何かに驚いて飛び上がり尻もちをついたため、その直後にいた1番人気のWindstoßが転倒落馬してしまったのです。


(映像がアップされた当初はちゃんと転倒シーンが映ってたのですが、今見たらボカシが入ってますね。ドイツもこういうの自粛すんだな…)

 勝ったのは5月1日にフランスのウィッセンブールでデビュし、16日にハノーファーで1勝したばかりのParvizでした。Parvizはアクシデントの影響をほぼ受けなかったため、結果をそのまま実力と受け止めてよいかは難しいところです。

 尚、転倒したWindstoßはすぐに立ち上がり、空馬のままゴールまで走っています。その後の検査で大きな怪我もなく、なんとこのあとウニオンレネンに出走します。きちんとステップレースを消化できなかったとはいえ、この判断はよいのか悪いのか、悩ましいところですね。

 では、次回はダービー直前の本番予想となります。乞うご期待(?)
posted by 芝周志 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ競馬