2015年09月27日

第35回オイローパ賞(G1・ケルン競馬場)を撮影しに来た


 8年振りにケルン競馬場へ帰ってきた。ケルン大学在学中の3年半、続けてデュッセルドルフで就職後も3年間、開催日の3分の2くらいは毎年通っていた、自分にとっては謂わばホームコースだ。景色、雰囲気ともに懐かしく心地よい。最初に仲良くなったクラウス・トゥフルやDanedreamのJC参戦の際来日してたフランク・ノルティンクら昔なじみのカメラマンたちにも会え、まさしく帰ってきたという気分だ。

 一応前日土曜日の2歳牝馬戦ヴィンターケーニギン・トライアル(リステッド・1600m)から撮影を開始したが、コース幅や撮れるポジションも東京や中山とは違いとても近いので、APS-CのEOS 7D MarkIIだと、ゴール前ではサンニッパは必要ない。かつてドイツにいた頃と同様ニーニッパをメインに。競馬場内の写真も含めヴィンターケーニギン・トライアルの写真は既にサイトにアップしてある(レース名をクリック)

 Preis des Medienhauses DuMont - Winterkönigin-Trial
 http://15races.shibashuji.com/

 さてオイローパ賞。国外からの参戦は2頭で、1頭はかつてドイツにいてカタールに買われたDubday。グッドウッドのG3を勝っての参戦で、鞍上がデットーリということでも注目される。もう1頭はフランスの牝馬Cocktail Queen。前走はドーヴィル大賞(G2)2着での参戦。はっきり言って2頭ともあまりレベルは高くない。

 迎え撃つは前走ベルリン大賞(G1)2着のIto。前走は逃げ粘って差されてしまったが、休み明けということで多少割引もあっただろう。ただバーデン大賞を直前熱発で回避したのが今回どう響くかが気になるところだ。

 もう1頭ドイツ馬で人気になっているのが3歳牝馬Nightflower。ディアナ賞(独オークス・G1)とバーデン大賞(G1)を連続2着での参戦。ここで一発も十分あり得る。

 その他、昨年のオイローパ賞勝馬Empoli、昨年のベルリン大賞馬Siriusと昔の名前が花を添える形だ。

 発走は日本時間の23:50。個人的にもレースを大いに楽しみたいと思う。
posted by 芝周志 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ競馬