2013年07月07日

今宵ドイツダービーでしたね


 みなさん、こんばんは。芝です。あけましておめでとうございます。

 さて、例年通りドイツダービーだけは取り上げるこのブログ、今年も早々にドイツのヒネッケ兄弟から予想メールが送られてきて、プレッシャーをかけられつつギリギリなんとか継続させることに成功しました。

 では、例年通りがっつり全出走馬コメントを書いてくる弟マティアスの予想をば翻訳。


Ivanhowe:まだミスをしていない馬だ。良馬場より渋ったほうがいいだろう。
Global Bang:2400mは持つだろうか?落ち着いた馬だけど、自分は懐疑的だ。
Nicolosio:重馬場がいい馬。軸には出来ないが対抗にはする。
VIF Monsieur:信頼出来る馬ではない。
Lucky Speed:スピードもある相対的にいい馬だ。シールゲン調教師は2400m持つのかやや懐疑的なようだが、自分はいけると思っている。私の本命。
Empoli:真のトップホースではない。調教師には期待するものがあるようではある。6着以内には来るのでは。
Tres Blue:安定した馬。ステイヤーとしていい血統。フランスでリステッドを勝っており、G3でも入着してる。注目はすべき。
Schulz:チャンスある穴馬。
Flamingo Star:6着以内はあるだろう。自分好みの馬だけど、2000m馬だろう。レースは時々落ち着かない。重馬場向きだが2400mは長いだろう。
Probably:2歳の頃アイルランドで重賞を走っている。6着以内なら驚きはない
Bermuda Reef:全く可能性がないわけではない。
Limario:よい2000m馬。2400mはちょっと長い。
Quienzieme Monarque:4月にアメリカから輸入された。向こうでは何度か重賞で4着になっている。ダービーでも4着はありえる。しかし2400mは多分ちょっと長いだろう。スタートがよくなく大抵後方からの競馬だし。スピードはある。
Saratino:父馬からもステイヤータイプではない。来るとは考えにくい。
Samos:成績からはなんとも測りにくい。カテゴリーとしてはチャンスある穴馬かな?
See the Rock:スピードはある。しかしこのクラスでどうかとなると、多分難しい
Noble Galileo:昨冬まではダービー候補といわれた馬。しかし今年はいいところなく、ここでは圏外か
Erlkönig:良馬場なら考えられる。ステイヤーだしスピードもある。その点は他の馬と比べて利点。上積みは必要だが、良馬場なら6着以内はありえる。
Nordvulkan:ダービークラスではないが、ステイヤーだ。

予想:Lucky Speed - Ivanhowe - Nicolosio - Quienzieme Monarque - Tres Blue - Limario



 続いて兄ハネスの予想。


IvanhoweかLucky Speed(両方共ケルンとミュンヘンで生で見た)がいいね。Ivanhoweは未完成なのに圧勝していた。Lucky Speedは名前にも栄誉が。

ハノーファーのNicolosioについては考えないといけないが、トライアルのレースレベルがどうだったかだ。Probablyを測りにすると低くはないと思うが、Nicolosioは重馬場でしか来ないと思う。天気は日曜も良い予報だ。年明け初戦がハノーファートライアルだったProbablyは上積みが期待できる。コンスタントに高いレベルで走ってる。

Flamingo Starはミュンヘンで勝ったかと思えた。いいステイヤーだと思う。

あとはGlobal Bang。去年から気に入っていた馬だ。まだヘマはしてないし、Manduro産駒でレベル的にも来れるだろう。

予想:Ivanhowe - Lucky Speed - Flamingo Star - Nicolosio - Probably - Global Bang



 では私の番ですが、正直言って今年は仕事が忙しく、ドイツ競馬をじっくり見れていない。そんなわけで、付け焼刃で今年の主要レースを見た上でざっくり予想。

 ケルン、ミュンヘン、ハノーファーのトライアル勝者はそれぞれ見どころある勝ち方をしており、まずはリスペクトしたい。その上で本命はハノーファーの勝ち馬Nicolosio。ヒネッケ兄弟は揃って重馬場専用と見ているが、むしろミュンヘンの勝ち馬Lucky Speedのほうがその傾向を感じる。Nicolosioのほうが器用さがありそうで、こちらを上位に。

 王道のウニオンレネンを勝ったIvanhoweは確かに見事な強さだったのだけど、経験が浅いままにあのような勝ち方をする馬は、ダービーで掬われることがよくある。シュレンダーハーン牧場主戦のデフリースが骨折で戦線離脱したため、鞍上に迎えられたのが日本でもお馴染みのデムーロ弟である。クリスチャンはいい騎手だとは思ってるけど、初コースにいきなり適応できるタイプじゃないかなと思い、しかも最内スタートなので割り引きたい。

 ちなみにIvanhoweの読み方だけど、実況で聞く限り「アイヴァンホウ」ですね。「アイヴァノウ」にも聞こえるくらい。

 他に気になるのは、フランクフルトのG3を勝ったVIF Monsieur。ミュンヘンでは惨敗してるが完全に重馬場にやられた口で、良馬場で逃げれば入着もありえると思っている。何より2歳から実績がある馬は、ダービーで結構活きる。

 その他、距離さえ持てば安定しているGlobal Bang、それとミュンヘンで見せ場を作ったFlamingo Star。Flamingo Starの鞍上ハンマーハンゼンは一時引退、トラックの運転手をやっていたこともあり、復帰後徐々に実績を積み上げてここまで復活した。最近乗れてるし、なかなか面白いと思っている。

 というわけで私の予想:
 Nicolosio - Lucky Speed - VIF Monsieur - Ivanhowe - Global Bang - Flamingo Star

 発走は日本時間本日23:30。昨年の1,2着馬は今年古馬になってもG1を勝って活躍しているし、要注目ですね。
posted by 芝周志 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ競馬