2011年05月21日

ケンタッキー・ダービー馬Animal Kingdomの母Daliciaとその牝系



 アメリカ競馬は門外漢です(キリッ


 早くも米クラシック第2戦のプリークネスSを日本時間の明朝に控えたところで、遅ればせながら5月7日にケンタッキー・ダービーを制し、間もなく二冠目に臨むAnimal Kingdomの牝系について書いてみようかと。

 因みにAnimal Kingdomを略すと「あにき」が頭をよぎるのだが、擬人化クラスタからのコンセンサスは全く取れていない。

 さておき、アメリカ競馬門外漢の私が敢えてケンタッキー・ダービー馬などを取り上げたのは他でもない、このAnimal Kingdomの牝系に思い切りドイツ縁の血が流れているからだ。母Daliciaは現役時代ドイツで走っており、私自身の記憶にはあまり強くは残っていないものの、一応生でも見てきているのである。

 Dalicia

 2001年生まれの2004年クラシック世代で、同期のドイツ馬ではShiroccoが日本人には最も通りがよいだろう。生産者はCarlton Consultants Ltd.。英国のベイス(Erika Alice Bass)という馬産家のドイツでの生産者名義で、一時ドイツでサラブレッド生産活動をしていた。調教師はペーター・ラウ、鞍上は厩舎主戦のムンドリーが主に務めている。

 2歳でいきなり牝馬リステッドからデビューしているあたり、厩舎の期待はそれなりに高かったようだが、ここは10着に敗退。しかし年明け未勝利戦を2着し、続けて牝馬リステッドでも2着と、順調なスタートを切った。この時勝ったのがこの時点では世代トップの期待を背負っていたSaldentigerinだから、Daliciaもまあまあの評価を得る存在にはなった。路線としてマイルの1000ギニーには向かわず、1戦挟んでディアナ賞(独オークス・G1)に挑んで5着に健闘している。続けて牝馬混合G3で古馬と初対戦するが、Daliciaと既に何度か対戦しているValleraが古馬を打ち負かしたのに対し、Daliciaは11着と大きく敗退した。この辺りやや安定感の欠けるところはあったのだろう。ここまでのレースで確認できるものを見るかぎり、概ね後方待機から直線での追い込み勝負に賭けるタイプであった。ところでこのVallera、日本に入ってきてるね。

 そもそもこの時点でDaliciaはまだ未勝利である。ようやく初勝利を手にするのが、04年8月15日のブレーメン・オークション・レネン(L)だ。残念ながら自分はこの時のレース映像を確認できないのだが、この時2着に負かした相手が、同厩舎の牡馬Egerton。このEgertonがこの後バーデン大賞に向い、ダービー馬Shiroccoを押さえWarrsanの2着となって「世界最強の未勝利馬」の称号を得たことは、誰もが知るところである(え?)

 Daliciaはその後フランスにも度々遠征し、古馬になってコリーダ賞(G2)でも4着と健闘している。しかし勝ち味には薄く、2勝目を手に入れたのが、秋のバーデン開催の2000m重賞シュパール・カッセ-フィナンツグルッペ賞(G3)だ。このレースには前走G1のバイエルンツフトレネンを制してきたSoldier Hollowが圧倒的人気で参戦しており、Daliciaは単勝21.4倍で、完全な人気薄であった。レースはSoldier Hollowが人気通りに直線でサクっと抜け出してそのまま勝利するかと思えたが、仕掛けが早すぎたのかソラを使ったか、脚色がやや衰えたところを、満を持して後方から追い込んできたDaliciaがばっさり差し切ったのだ。こうして負かした相手を見ると、意外にこの馬は持ってるものがあったのかもしれない。

 生産者でありオーナーのCarlton Consultants Ltd.がこの年一杯でドイツの厩舎と生産活動を閉じたことで、Daliciaはオークションに載せられ、40万ユーロでアメリカに売られる。移籍後のレース振りは分からないのだが、一応1勝をあげ、ビヴァリーヒルズH(Gr. II)で4着になっているようだ。通算成績は24戦3勝。しかし重賞やリステッドでの入着回数は多く、オープン馬としてはまずまず優秀な成績を残したといえるだろう。

 Daliciaの牝系を遡ろう。

 Animal Kingdomの祖母、Daliciaの母であるDynamisはレットゲン牧場の生産馬だ。英国でシェイク・アハメッド・アル・マクトゥームの馬として、後にDaliciaのオーナーであるベイスに買われて走ったが、18戦未勝利で終わったらしい。産駒はDaliciaが最も優秀であるが、Daliciaの全妹Darwinaの産駒Daveronが先日のBeaugay S(米G3)を制するなど、肌馬としては優秀だ。

 Dynamisから実質的にドイツを離れてはいるものの、この牝系はレットゲン牧場の基幹の一つDラインである。近年では03年ヘンケル・レネン(独1000ギニー・G2)のDiacadaや06年ダービー2着のDickens等がレットゲンの活躍馬として挙げられる。

 このDライン、遡ってみると分かるように、Didergö以前がハンガリー生産馬で、この馬を5歳の時にレットゲンが購入したところから、ドイツでのラインが始まっている。レットゲンといえばKinczemの直系に当たるWラインを基幹血統に持つことでも知られており、過去においてハンガリーとの縁は深い。去年暮れにAnna Mondaの記事でも少し触れたが、Didergöを輸入したこの時期にはPrince Ippiというハンガリーの名馬Imperialを父に持つ活躍馬も出している。しかしこの頃レットゲン牧場オーナーのルーディ・メール(Rudi Mehl)とその妻であり牧場創業者の娘マリア・メール・ミュルヘンス(Maria Mehl-Mülhens)がハンガリーの馬産界とどのような関係を築いていたのかは、残念ながら自分の手元資料からは分からない。ただ冷戦期にあってもこれほどハンガリーと交流を持っていた牧場は他にないだろう。レットゲンのアーカイヴに入って色々調べると、きっと面白い話が出てきそうな気がする。

 さて、このドイツでの基幹牝馬となるDidergö自身、なかなかの活躍馬だったようで、ドイツにも遠征してミュンヘンの別定戦を勝っている。その母Dussogoも勝ち鞍にSt.Laszlo賞(1300m)とAlag賞(2000m)という当地重賞格のレースがあり、戦後ハンガリー競馬再興期の活躍馬の1頭である。更にその母Dubiosaは戦前最後のハンガリー1000ギニー馬だ。Didergöの生産牧場はハンガリー伝統のキシュベル牧場で、実に筋の通った血統といえるだろう。

 DidergöはImiの仔を身篭ってレットゲンにやってきた。(訂正:DidergöがImiの仔ですね。1代勘違い…)ImiはImperialの父で、まさにハンガリーの名血としてドイツに入ってきたのである。ImiとDidergöの仔(ここも訂正。父はUtrilloで、レットゲン生産のオーストリア・ダービー馬です)Diuはその血に相応しい活躍をした。独1000ギニーを3着後、ディアナ賞を勝利。その後牝馬G3で2着になり、通算成績は10戦4勝、入着4回。産駒でもDiu Starが重賞を2勝している。Daliciaの祖母であり、Diuの孫に当たるDiasprinaはヴィンターケーニギン賞を制している2歳牝馬チャンピオンで、この牝系はやはり名血と呼ぶに相応しいであろう。

 そんな中欧の名血がアメリカに渡ってダートのケンタッキー・ダービーまで制してしまうのだから、競馬というのは奥深い。そしてDaliciaはなんと現在社台で繋養されており、今年ネオユニヴァースの仔を産んだそうだ。明朝プリークネスSのAnimal Kingdomにまずは注目すると同時に、その弟の2年後のデビューも楽しみに待ちたいと思う。
posted by 芝周志 at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 海外競馬

2011年05月03日

スパコミでコスプレ撮影してきました

 本日は有明のビッグサイトに行って参りました。SUPER COMIC CITY 20という、ツイッターでお付き合いある競馬擬人化女子クラスタにとっては一大イベントだったようで、皆さん勢揃いしているところへ、なんというかノリというか成り行きというかで激励訪問させていただいた次第。女性向けイベントということで、女子率の高さは異常であり、野郎には肩身の狭い空間ではありましたが、とにかく皆さん楽しそうで何よりでした。

 まあしかしダラダラと彼女たちのブースにいても邪魔になるだけなので、昨年のコミケで味をしめたコスプレ撮影会場に足を運ぶのは、写真クラスタとして必然の流れ。さすがにコミケほど混雑しておらず、また撮影には有料登録が必要なため、余裕たっぷりの空間でした。そんなわけで、コミケの時は周りの勢いに便乗して一緒に「よろしくお願いしま〜す!」と言って撮影だけさせてもらってたのだけど、今回はきちんと自分のサイトのURLを渡し、ブログ掲載の許可もいただきました。いや、最初は今回も声をかけて撮ってただけだったのだけど、実は某騎手が目の前でレイヤーさんときちんと名刺交換してたので、自分もメモ帳に手書きで真似させていただきました(笑) ただ一組ずつゆっくり会話もしながら撮影させていただいたため、結局あまり多くは撮ってません。







 最初にご許可いただいたレイヤーさん。皆さん頭のてっぺんから爪先まで気合を入れてコスプレしているので、本来全身を撮影するのが礼儀であり筋だと思うのだけど、ビッグサイトのコスプレ会場では背景がどうしてもガヤガヤしてしまうため、結局アップ気味の写真が多め。それでも1枚目の全身写真はビシッと決めていただけ流石です。
 2枚目、3枚目は露出アンダーになってしまったが、フォトショで若干補正した範囲でむしろ落ち着いた雰囲気になったかなと。
(追記)メールをいただきました。上のレイヤーさんはRyulkさんです。どうもありがとうございます。コンセプトは以下のとおりだそうです。
 作品名>実況動画「モンハンどうでしょう」
 キャラ名>Ash
といっても分かる人にしか分からないそうなので、もう少し通りをよくすると以下になるそうです。
 作品名>「MONSTER HUNTER P2G」
 キャラ名>混同ギルドナイト装備







 まど☆マギのお二人。マミさんコスのmatoさんに名刺いただきました。
 1枚目は雰囲気出せたかなあ。曇天なのでどうしても暗い雰囲気にはなってしまうのだけど、背景のがやつきがない分、お二人が決めてくれた表情が活きてくれたかなと。まど☆マギは未視聴なのですが、多分雰囲気的にもあってるよね?(笑)
 一方2枚目は折角かっこいいポーズを決めてもらえたのに、やはり背景に邪魔されちゃって残念。もっと下から煽ってみてもよかったかもしれないけど、そうすると空とのコントラストで顔が暗くなってしまうので、その場でササッと設定を替えられないんですよねえ。やたら待たせてしまうのも申し訳なく、人物撮影の不慣れは大きい…。






 ガンダム00のお二人(コスプレの設定は同行者に教えてもらいましたw)。ちょっと白飛びしちゃって申し訳ないです…。衣装的には青空背景だったら映えたかなあと。お二人のキリッとした顔と柔和な表情がいいですね。






 今回は屋内にもコスプレスペースがあったため、そちらでご協力いただいたお二人。1枚目はフラッシュ有り、2枚目はフラッシュ無しで撮影。屋内だからどうしても暗くなるので、2枚目はISOを一気に2000まで上げてます。さすがにザラツキ感は否めないのが残念。ただ室内では黒幕の背景を使える場所があり、邪魔が入らないのがよい。2枚目は自分さえもっと露出設定を上手く使えれば、ポスター風にもっといい写真にできたはず。ご協力いただいたお二人には、ホント申し訳ないです。


 一応ご許可いただいたのは以上の4組の方々。普段は馬ばかり撮っていて人物撮影はまだまだ下手くそなのですが、やはり人の表情を撮れるのは楽しい。また時間と機会があればチャレンジしてみたいです。

 末筆ながら、ご協力いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。残念ながらコスプレの設定を分かっていないものもあるので、もしこちらを覗きにきてくださってれば、お教えいただけると嬉しいです。またお名前やリンク先等ご紹介できるものがありましたら、こんな場違いのブログからではありますが、是非貼らせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 芝周志 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真